やどびとマガジン

宿(ゲストハウス・ホステル)にまつわる人のマガジン

「カオサンワールドなんば」のお仕事を木原雅俊さんに聞いてみた(1/2)

time 2017/01/31

「カオサンワールドなんば」のお仕事を木原雅俊さんに聞いてみた(1/2)

「やどびと」つまりゲストハウス・ホステルを経営される方や従業員の方にお仕事についてお聞きします。

第一回目はカオサンワールドなんばの木原雅俊マネージャーにお聞きすることが出来ました。二回にわたって掲載させていただきます。

Q:ゲストハウス・ホステル業界で求人することについて感じてることはありますか?

2009年東京ではじめてカオサンで働き出したんですけど、当時は何もしなくても「空きないですか」っていうような履歴書が送ってきたりしてたんです。

ホステルに興味がある人の分母の数が少ない中で、いろんなホステルのタイプがあり、どんどんホステルができて、選ぶ側からするといっぱいあっていいと思うんですけど、雇用する側からしては本当になんか魅力がないとウチで働いてもらえないんだろうなって。

sponsored link

自分の考えやアイディアが採用される環境

Q:会社のいいとこ一つだけ上げてください。

アルバイトさんとかクリーニングスタッフさんとかも、全部が全部叶うわけではないんですけど、自分で考えたものが形にできるチャンスが大いにある会社ですよっていうのは伝えてます。うちの会社の強みというか、アルバイトさんのアイディアとかも積極的に採用していくっていう体制。

Q:アルバイトさんからのアイディアを採用するんですか?

例えば定期的な季節ごとのイベントとかパーティの企画ですね。必ずやる行事ではあるんですけど、僕達が先頭にたって進めるんじゃなくってアルバイトさんに「仕切ってみない?」って。「こういうのやってもいいですか?」って声も上がってくるんで「計画立ててみて」って、提案が上がってきて「それじゃやってみようか」っていう感じでやってますね。

受付や清掃など館内の仕事全てにおいて、例えば清掃のやり方とかこういうやり方したほうが効率いいんじゃないかって。仕事のやり方も積極的に採用して進めていってる。

Q:この仕事(ゲストハウス・ホステル)の利点ってなんですか?

利点の一番は、海外に関係が広まる。そこは一番の面白みを感じて働いてるとは思うんですけど。

あとは新しい発見だと思うんですよね。環境が多国籍だからこそ。
例えばヨーロッパに興味がある人っていうのはヨーロッパに自分から行くと思うので、知識とか興味とか深まって行くと思うんです。逆にアジアの方にあまり興味がなかった人が、アジアの人(お客さん)ももちろん見えられて、そういった(環境の)中でそういったきっかけがあって新しく興味を持つ。具体的にいうと韓国語を勉強し始めたとか。そういうスタッフを何人か見てきました。新たな目的が見つかる可能性があると思うんです。

ぶっちゃけ、この仕事の痛いとこどこ?

Q:逆に欠点ってなんですか?

欠点で言うと、良くも悪くも僕達はお客さんに一歩踏み込んだフレンドリーな接客スタイルっていうのを掲げて実践してるんですけど、楽しいんで居心地がすごくよくなってしまうんですけど、気がつくと時間が2・3年過ぎてしまう。

悪い言い方するとちょっとだらけてしまうというか惰性で気がついたら5年たってる。もちろん働いていただく楽しんでいただくというのはいいことなんですけど。欠点をあえていえば、そういうとこになるのかな。

Q:仕事でキツいなぁとか、つらいなぁと感じることは?

お客さんとどうしても楽しく過ごして同じ時間、例えばバーで楽しく飲んで、その時はわいわいやって楽しい時間を過ごしたお客さんが、ひょんなことからトラブル起こした時。

どうしても運営側としての態度を取らないといけない時に、もどかしさみたいなものがありますよね。何やってくれてるんだよって。正直一番つらい感じですね。
相手も逆にショック受けてるときもあるんですよね。「お前オレのミカタのはずだろう」みたいな。そこはちょっとつらいことありますよね。

そこはまぁ僕は(カオサン)アネックス(店)時代に鍛えられてだいぶ慣れましたけど。お客さんが警察の人に連れられて帰ってきたり、お客さんどうしでもめたり。良くも悪くもいい勉強になったし免疫力は多少はついてるので。

やはり向き不向きというのはあるのか?

Q:どんな人がカオサンで働くのに向いてる?

目的がない人がダメというわけではないけど、僕が思うのは将来設計ですかね。

そこが明確にある人、目的意識、ビジョンが見えてる人っていうのは、楽しむプラスアルファうちの経験を何かに活かそうという働き方をしてくれる。

例えば僕がいつも面接でそういう質問をした時にしっかり答える人っていうのは、力強い存在になってくれてる。

Q:向いてない人はどんな人?

うちでいうと常に毎日6人7・8人を回しているのでチームワークが出来ない人っていうのは向いてないなって思いますね。

人間なんで、気を付けてても嫌な気持ちにもなるし、イラッともする。僕自身もイラッとすることもある。
けど、働いてる時にそういう時は「出来る限りみんなにリスペクトな気持ちをもってのぞんでもらえればいい関係が築ける」と僕なりの考えを新しく入ってくる人には最初に伝えるようにしてます。

だれかが落ち込んでる人がいれば誰かがケアして、今度別の人が落ち込んでたらケアされた人がケアしたり、そういうチームづくりをしたいなって考えてます。

ありがとうございました。
次回はカオサンワールドなんば 木原雅俊マネージャーのこの仕事に入った経緯や英会話についてです。お楽しみに。

 

続きはこちら:「カオサンワールドなんば」のお仕事を木原雅俊さんに聞いてみた(2/2)英語はホステルで覚えた編

 

2017年1月27日時点の情報です。

カオサンワールドなんば求人情報へリンク

カオサンワールドなんば求人情報は画像をクリック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

sponsored link

この記事のURLとタイトルをコピー

コメント

down

コメントする




やどびとメインへリンク